創価学会員として生きていく

波田地克利を中心とするグループ、創価学会元職員3名ら福岡大祐のグループ、宮川日護(雄法)らの本性をあぶり出し、反面教師としながら、創価学会員として生きていくべき道を追求します。

宮川日護

波田地グループの本尊

宮川日護(雄法)が波田地克利のグループなどに媚びを売り、学会による財務の意義を誹謗することで、懸命に、自身の新たな信徒づくりを画策してきた事実について、かつて触れました。 そうした宮川が、信徒づくりの道具としてきたのが「本尊」です。 「宮川…

波田地克利と金原明彦が吐く宮川日護(雄法)と片野優への罵詈雑言

セルビアグループをめぐって表面化した内紛の後日談について前稿で触れましたが、波田地克利と波田地グループの番頭格・金原(きんばら)明彦らは、とりわけ騒動の火だねとなった宮川日護とセルビアグループの中心者・片野優(まさる)に狙いを定め、陰で、…

金原が責任転嫁する戦犯──「セルビア交歓会」後日談

波田地グループの番頭格・金原(きんばら)明彦が絵を描き、自ら仕掛け、そして、ものの見事に大失敗した代表例に、2018年の「セルビア交歓会」が挙げられます。 本稿では、その後日談から、金原の本性に迫ってみたいと思います。

セルビアグループの妙本寺参拝と金原明彦の暗躍

大荒れとなった片野優らセルビアグループとの交歓会で、同グループをめぐる宮川日護(雄法)ならびに保田妙本寺との関係について、経緯を説明した波田地克利グループの番頭格・金原明彦。印象に残ったのは、「金原のずるさ」です。

セルビアグループをめぐって表面化した内紛と金原明彦の責任

「すみません! 話長いんですけど! もう少し短くなりませんか! いつまでこれ、やるんですか! 長いですっ!」 2018年10月19日のことです。 寄せられた情報によれば、 セルビアから来日したメンバーが話をしているさなか、唐突に一人の女性が上げた声に、会…

裁判で剥がされた強欲坊主・宮川日護(雄法)の化けの皮

宮川日護(雄法)の強欲ぶりについて、最もエッセンスが凝縮されており、裁断としても明確なものが、宮川をめぐる会館寺院明け渡し訴訟です。「創価新報」の報道をもとに事実関係を振り返ってみたいと思います。

自分中心のトラブルメーカー・宮川日護(雄法)

宮川日護(雄法)は2017年10月、保田妙本寺での虫払い法要を前に、自分が関わった参加予定者へ直接、“3000円以上の供養は、私が理事長を務めるNPO法人へ”と呼びかけていました。 新たな信徒づくりに血眼の宮川。ところが、宮川の算盤とは裏腹に、宮川の強欲…

組織撹乱の処分者と連携し、新たな信徒づくりを画策する宮川日護(雄法)

宮川日護(雄法)は2017年春から秋にかけ、波田地克利のグループや、“創価学会元職員”を売りものにする小平秀一、滝川清志、野口裕介らによる集会に参加し、すり寄りを図っていたことが判明しています。宮川の狙いは奈辺にあったのでしょうか。

セルビアグループは「宮川日護(雄法)の信徒」なのか

保田妙本寺では今週末の10月21日、虫払い法要が執り行われます。昨年も宮川日護(雄法)は、セルビアから来日した現地メンバー2名を、かつてセルビアSGIの中心者だった片野優・典子夫婦と共に妙本寺へ参詣させています。この虫払い法要を中心に前後を俯…

「万年救護」をチラつかせつつ「保田妙本寺」の本尊を配る「能化」の「国際布教師」で脳科学関係企業の「顧問」兼「NPO理事長」の「池田先生の一番弟子」である「宮川日護上人」に学ぶ坊主丸儲け

セルビアを舞台に暗躍する宮川日護(雄法)の周囲には常にカネの臭いが。宮川のもと保田妙本寺の虫払い法要に引き込まれた学会員が、広布部員を辞退し、「海外への財務」としてセルビアの片野優に送金していたという情報も。

保田妙本寺から始まった宮川日護(雄法)の“世界戦略”

宮川日護(雄法)とセルビア入りしたブレインカウンセラー氏は報告しています。「本日夜にセルビアの現地中心者の方のお仲間に向けて講演をやらせて頂きます」。いったい誰を指すのでしょうか。

宮川日護(雄法)×セルビア×【X】=脳科学

波田地グループ・金原明彦の手引きで、セルビアまで赴き保田妙本寺の本尊を配っていた宮川日護(雄法)。「宮川」と「セルビア」を掛け合わせると、意外にも「脳科学」というキーワードが浮かび上がってきます。

保田妙本寺を侵食する宮川日護(雄法)

保田妙本寺の先代住職・鎌倉日桜氏とのなれそめにも、“万年救護を護った”という触れ込みにも、法要での副導師にまで、宮川日護(雄法)の話には事実との食い違いが指摘されています。現在の住職・日誠氏は「それは宮川の作り話」とも。

保田妙本寺を利用して供養と信徒を集める宮川日護(雄法)

取材を進めるにつれ、つくづく感じることは、保田妙本寺ともあろう古刹が、ずいぶんと宮川日護(雄法)に愚弄されたものだ、という点です。本尊については、すでに詳述した通りですが、供養をめぐっても宮川は、妙本寺の看板を利用していたようです。

保田妙本寺の本尊をセルビアで配る宮川日護(雄法)

セルビアから来日したメンバーを保田妙本寺に参詣させた宮川日護(雄法)。そこには波田地克利なる人物が主導するグループの番頭格・金原明彦が関わっていました。そして、自らセルビアを訪れた宮川が下付した本尊は、保田妙本寺の本尊でした。

宮川日護(雄法)の「保田妙本寺が能化承認」をめぐる謎

保田妙本寺の承認によって能化に就任し、戸籍上の名前も「日護」に改名したという宮川日護(雄法)。先日、宮川が明らかにした「能化承認書」をめぐる謎に迫ります。

宮川雄法が「保田妙本寺の能化・宮川日護」に

創価学会が日蓮正宗と袂を分かつ際、学会に同調して日蓮正宗から離脱、改革同盟の一員として一躍、名を馳せた宮川雄法氏でしたが、今では保田妙本寺の能化として宮川日護を名乗り、「日顕師に詫びたい」と綴っています。